2011台湾ぐるり一周の旅vol.6~台湾の古都は食の都・台南を歩く~

台南は台湾でもっとも早くから開けた古都
であるとともに美食の街としても有名です。
トップの写真は台湾最古の孔子廟
高雄からローカル列車で約1時間・・
日帰りの旅です。

レトロな駅舎の台鉄・台南駅からスタート
街なかには史跡・歴史的建造物が点在しています。
市バス一日乗車券(名所2ヵ所の入場券付き)
100元(日本円で260円ほど)を買って
まわってみることにしました。
まずは朝食・・

金得春巻店という有名店です。

具だくさん、タマゴ、キャベツ、肉、エビなどなど
何と味付けは甘い・・お菓子のようですが
不思議と美味しかった。

 

神農老街

清の時代から続く街並
最近はアートギャラリーになっている所もあり
古くてオシャレな通りです。

そして、古都の城門跡・・

大南門
すこし、ひと休み・・
冬だけど・・ここは南国、20℃近くあるので

 

こんなものをいただきました。
豆数種類と杏仁のかき氷
市街地の中心部には日本統治時代から残る
建物がいくつかありました。

旧台南洲庁舎(現在は国立台湾文学館)と消防署
ほかにも警察署、銀行、気象庁などがあります。
昼食は台南小吃の代表格

度小月担仔麺

味付けが繊細、麺もつるつる
何杯でもいけそうです。
今度は、台南の中でもっとも古い史跡
赤崁樓

17世紀当時このあたりを支配していた
オランダ軍によって建てられた楼城です。
市街地からバスで30分ほどの場所
安平
海に面しているので、早くから開かれた地区です。
オランダ人によって築かれた砦
安平古堡

展望台から眺める古い港町・安平の街並

安平老街

路地を入ると昔の風情が残っています。
夕食です。
台南の中心市街にて
阿美飯店というお店で・・
数ある台南名物のひとつ

カニおこわ
をいただきました。ん~美味です!
台南の街は歴史散策を楽しみ・・そして美味しい食事
ひと旅で二度おいしい街でした。
高雄まで帰らなければいけないのに・・
気がつけば夜の九時を過ぎていました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です