新年の旅(街歩き)16「北三陸(久慈市・野田村)編」4~久慈・海の幸~

野田村から先、代行バスが運行されています。
ただ、この日のうちに宮古市まで行けません・・
さらに、普代村、田野畑村、小本温泉など
沿線にある宿泊施設はほとんどが流されて
しまったと言う事です。
宿泊施設のある久慈に戻ることにしました。
久慈市内散策

久慈駅前
久慈市コミュニティーセンター
の展望台に上ってみました。

展望台から久慈の市街

リアス式海岸、太平洋を望む
(海岸近くは津波の被害を受けました)
久慈市内にある「道の駅 やませ土風館」

産直市場、お土産屋さん、レストラン
観光案内所などがあり・・活気がありました。

秋祭りの山車が展示されていました。
10メートル以上の巨大な山車
ねぶたより高さがあるみたい・・
祭り当日には、市街地をねり歩きます。
今度、是非みてみたいですね。
津波被害のパネル展

3・11津波襲来時の写真です。
応援メッセージも書き込まれています。

津波の惨劇がひしひしと伝わってきます。

 

道の駅で買った「かもめの玉子」
大好きなお菓子です。

大船渡市でつくられています。

 

夕食は久慈市内の海の幸が美味しそうな
料理屋さんへ

北三陸料理「魚棚」
出てくる料理はどれも、美味

あん肝

イカとゴロの味噌煮込み
いい出汁が効いています。

ホタテの刺身
このほかにもたくさん・・
ビールがすすみました。
観光案内所、宿の人、料理屋さんの人・・
みんな観光客が来てくれたことに
よろこんでくれているようでした。
久慈市は津波の被害もありましたが・・
街は通常どおり観光できます。
観光客が来てお金を落としてくれることが
街の活気そして復興にもつながります。
三陸の海の幸がおいしい久慈の街に
どうぞ、行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です