新年の旅(街歩き)16「北三陸(久慈市・野田村)編」5~いわて内陸へ~

翌朝・・宮古方面の三陸鉄道代行バスは
土日は運休のため、内陸方面に向かうことに
久慈駅前から二戸行きJRバス
約1時間で到着

さらに「いわて銀河鉄道」に乗り換え
いわて沼宮内駅へ

いわて沼宮内(岩手町)は新幹線の駅もあります。

新しい立派な駅のある町はどんな街でしょう?
街中を散策します。
駅から徒歩20分ほど
昔ながらの町並をぬけると・・

(岩手町の中心市街地)
きれいな商店街が現れました。

 

岩手県岩手郡岩手町・・
同じ地名(岩手)が3つ並ぶ全国でも珍しい地名です。
町内には北緯40度線がとおり・・
東北の大河北上川の源流の町です。

この小さな川・・北上川です。
東北を200キロ以上南下・・津波で被害を受けた
石巻で大河となって太平洋にそそぎます。
町の高台にある道の駅で・・
こんなものを発見

いわて焼きうどん

もちろんいただきます!
昨年、B級グルメ全国大会にも出店
ただいま売り出し中の岩手町のB級グルメ

道の駅から岩手町の街並、新幹線、岩手山を望む
いわて沼宮内駅にて・・
今回の新年の旅・・解散!
太郎は新幹線で東京方面へ
わたしは八戸港から夜行フェリーに乗ります!
フェリーの出港までかなりの時間があるので
どこか温泉にでも・・と
駅の観光案内所で聞いてみました。
2つ先の奥中山高原駅近くのスキー場に日帰り温泉が
あるということなので・・
行ってみます。
駅から2、3キロだと聞いていたので・・
行きのバスが無かったので歩いてみることに・・
これが大きな間違い!
歩けど歩けど・・着きません!
結局、1時間半歩き、へとへとになって到着。
(あとで調べると6キロもありました)

奥中山高原スキー場
温泉施設もあります。
雪を見ながら、疲れを癒しました。

もちろん帰りはバス(二戸行き)

青い森鉄道で八戸へ

八戸駅

夕食は八戸の海の幸とせんべい汁

イカ、めかぶ、にマグロ
うみねこ丼・・だそうです。
22時八戸港出港・・翌朝、無事に苫小牧港に到着

苫小牧港の朝焼け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です